聯合艦隊司令長官 山本五十六 (2011) : Isoroku

戦争反対でありながら、連合艦隊司令長官として開戦の火ぶたを切ることになった不世出の軍人・山本五十六。歴史に翻弄された彼の苦悩に満ちた半生を描く。『八日目の蝉』の成島出監督のもと、主演の役所広司をはじめ、日本映画界を代表する豪華スターが結集。太平洋戦争開戦の謎に迫った骨太のドラマを展開する。

監督:成島出、出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼士、十代目坂東三津五郎、原田美枝子、瀬戸朝香、田中麗奈、伊武雅刀、宮本信子、香川照之、中村育二、中原丈雄

聯合艦隊司令長官 山本五十六 (2011)のあらすじ

昭和14年。海軍の良識派三羽ガラスと言われた米内光政、井上成美、山本五十六は日独伊三国軍事同盟締結に反対する。日本がナチスと組めば間違いなくアメリカと戦争になるからだった。翌年、第二次世界大戦の勃発により三国同盟がついに締結される。対米戦は避けられないと悟った山本は、悩み抜いたあげく、苦渋の結論に達する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 油断大敵 (2004)

  2. オーロラの下で (1990) : Under Aurora

  3. 日本のいちばん長い日 (2015) : The Emperor in August

  4. シルク (2008) : Silk

  5. 劒岳 点の記 (2009) : Mt. Tsurugidake

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。