日本のいちばん長い日 (2015) : The Emperor in August

混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化。陸軍大臣、天皇陛下、総理大臣など閣議に参加した人々の姿と、クーデターを企む青年将校たちの姿が描かれる。監督は『駆込み女と駆出し男』など、人間ドラマに定評のある原田眞人。出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山﨑努

日本のいちばん長い日 (2015)のあらすじ

太平洋戦争末期の1945年7月。連合国は日本に対し、無条件降伏を求めるポツダム宣言の受諾を要求。降伏か本土決戦かを巡って連日連夜、閣議が開かれるが、結論は出ないまま。やがて、広島と長崎に原子爆弾が投下され、事態はさらに悪化。阿南陸軍大臣、天皇陛下らが苦悩する中、終戦に反対する青年将校によるクーデター計画が発覚する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 劒岳 点の記 (2009) : Mt. Tsurugidake

  2. わが母の記 (2012) : Chronicle of My Mother

  3. 関ヶ原 (2017) : Sekigahara

  4. オーロラの下で (1990) : Under Aurora

  5. Kamikaze Taxi (1995)

  6. 聯合艦隊司令長官 山本五十六 (2011) : Isoroku

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。