EUREKA ユリイカ (2001)

カンヌ映画祭で二冠に輝いた俊英・青山真治監督の最新作。九州の自然をバックに、突然の悪夢に襲われた人々のその後の物語を、美しいモノクロームの映像で描く。

EUREKA ユリイカ (2001)のあらすじ

九州のバスジャック事件で、運転手の沢井(役所広司)、小中学生の兄妹だけが生き残る。2年後、心に傷を抱えて再会した彼らは、家族のように暮らし始める。やがて沢井はバスを手に入れ、兄妹(宮崎将、宮崎あおい)とともに街を旅立つのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. わが母の記 (2012) : Chronicle of My Mother

  2. トウキョウソナタ (2008) : Tokyo Sonata

  3. 油断大敵 (2004)

  4. アルゼンチンババア (2007) : Argentine Hag

  5. 終の信託 (2012) : A Terminal Trust

  6. レイクサイド マーダーケース (2005) : Lakeside Murder Case

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。