最後の忠臣蔵 (2010) : Last Chushingura

池宮彰一郎の同名小説をテレビドラマ「北の国から」の杉田成道が映像化した時代劇。“忠臣蔵”として有名な赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件で生き残っていた男2人の物語を追う。事件前夜に逃亡した瀬尾孫左衛門に役所広司、大石内蔵助よりとある命を受けた寺坂吉右衛門役に佐藤浩市。男たちに課せられた宿命を生々しく映し出す。

最後の忠臣蔵 (2010)のあらすじ

赤穂浪士が吉良邸へ討ち入りした事件から16年。そのなかのひとり吉右衛門は、大石内蔵助より真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助するという大役を与えられ生き残っていた。最後の遺族を捜し当て京都に向かったある日、彼は討ち入り前日に逃げた孫左衛門と再会。吉右衛門は、孫左衛門にもある密命が与えられていたことを初めて知る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. どら平太 (2000) : Doraheita

  2. 清須会議 (2013) : Kiyosu Conference

  3. 一命 (2011) : HARA-KIRI : Death of a Samurai

  4. 峠 最後のサムライ (2020) : Kawai Tsugunosuke

  5. 十三人の刺客 (2010) : 13 Assassins

  6. 関ヶ原 (2017) : Sekigahara

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。