孤狼の血 (2018) : Blood of Wolves

第69回日本推理作家協会賞に輝いた柚月裕子(ゆづきゆうこ)の警察小説を映画化したバイオレンス作。暴力団対策法成立直前の昭和63年の広島のとある街を舞台に、刑事とやくざたちの熱い生きざまが描かれる。手段を選ばない捜査方法でやくざとの癒着が噂されるベテラン刑事を役所広司、その部下となる新人刑事を松坂桃李が演じる。監督:白石和彌、脚本:池上純哉、出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、中村倫也、石橋蓮司、ピエール瀧、江口洋介、竹野内豊 ほか

孤狼の血 (2018)のあらすじ

暴力団組織が割拠する広島の呉原では、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の組織・尾谷組との抗争の火種がくすぶり始めていた。そんなある日、加古村組の関連企業の社員が失踪し、殺人事件と判断したベテラン刑事の大上(役所広司)と新人の日岡(松坂桃李)は事件解決のために奔走。やがて、事件は暴力団と警察を巻き込んだ報復合戦へと発展していく。

孤狼の血 (2018)のストーリー

昭和63年、暴力団組織が割拠する広島の呉原では、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の組織・尾谷組との抗争の火種がくすぶり始めていた。所轄署の捜査二課暴力団係に配属された新人の日岡(松坂桃李)は、ヤクザとの癒着を噂されるベテラン刑事の大上(役所広司)とコンビを組むことになる。飢えた狼のように強引な違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながら日岡は仁義なき極道の男たちに挑んで行く。そんなある日、加古村組の関連企業の社員が失踪し、殺人事件と判断した大上は事件解決のために奔走。やがて、事件は暴力団と警察を巻き込んだ報復合戦へと発展していく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ローレライ (2005) : Lorelei: The Witch of the Pacific Ocean

  2. 渇き。(2014) : World of Kanako

  3. 突入せよ! あさま山荘事件 (2002) : The Choice of Hercules

  4. 極東黒社会 (1993) : Drug Connection

  5. シャブ極道 (1996) : Shabu gokudo

  6. Kamikaze Taxi (1995)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。